P&Lグループ

第105回日本陸上競技選手権大会 結果報告



陸上競技を愛するアスリートを 全力でサポートします


6月24日(木)〜27日(日)に大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた、第105回日本陸上競技選手権大会兼東京2020オリンピック競技大会日本代表選手選考競技会に株式会社友睦物流から2名の選手が出場し、結果を報告致します。

★屋良太章★

出場種目:三段跳 15m38(-0.3)12位

一言:状態も良くいい記録を狙いたい気持ちで挑みました。試合中に怪我をしてしまい、大事な場面で結果を残すことができなかった事が悔しいです。どんな場面でも、自分の持てる最高な状態を発揮できるようにまた次に繋げていきたいと思います。応援ありがとうございました。

★徳本鈴奈★

出場種目:走高跳 1m70cm 6位入賞

一言:最高峰の試合で今シーズン1番悪い試合をしてしまい、自分の力を発揮できず終わりました。失敗から学び、弱さを認めて、準備過程の見直しをして、次に向けてまた作っていこうと思います。応援ありがとうございました。

友睦物流から2名の選手が出場し、見事、走り高跳びで6位入賞しました。本来の力を発揮すれば、1m73cmが3位入賞ライン、1位及び2位が1m78cmだったので3位入賞はあり得たのかもしれません。三段跳に出場した屋良選手も同様に決勝進出ライン(8位入賞)が15m50cmでしたので、ほしい跳躍(ジャンプ)でした。

来年度は、友睦物流陸上競技部の部員から更に日本選手権の出場者を増やし、好成績が残せるように、今後も頑張ります。

写真は、走高跳の競技中、後間監督が徳本鈴奈へアドバイスを送っている様子です。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)